トップページ



【ご挨拶】

この度は其仙流(きせんりゅう)ホームページをご覧下さり有り難うございます。

当流「其仙流」は「占い業」を生業にしており「三皇五帝」をその祖として五千年以上の歴史があり、代々「一子相伝」で伝承してきた「占法(占い)」や方位学、結法(開運法)」などを研究、研鑽して来た古流派です。

昨今の占い業界が非常に庶民の身近な存在になった事は大変喜ばしい事と感じます、ですがその一方で占いの敷居が稚拙に低くなってしまっている様にも強く感じます。

在りもしない神秘思想やオカルト霊感思想、運勢と因果関係の無い前世論や癒し系占いなど、又現実的に役に立たない指南をする占い師などの台頭により、この業界は今やその正則性を失い「歪み、淀み、濁り」を大いに含んだ実践に役に立たないものに落ちぶれてしまいました。

本来の「占いの在り方」や「その威厳や威力を失い」何でもありでその上、本質的には役に立たないお遊びの「占いごっこ」をしている様な状態が今の占い業界の現状です。

お遊びで占いを行う分にはこれでも良いのかもしれませんが、「真剣な悩み、命懸けの悩み、本気の悩み」には現行の占法では全く通用しません。

又、現代の占いは古より徐々に「その形を壊し、概念が歪み、その威力を失っている」のです、このまま行けばそう遠くない将来に占いは「良くて遊びの延長、最悪は完全に失われてしまいます」、既にその兆候は現れています。

これを憂い、其仙流は「本物」を世に出して、「占い」の威力、本質を能々理解してもらう事により、大きく軌道修正をしたいと思っています。

占いを信じていない人も多くいるでしょうが、「本物の運勢学は存在します」「本物の占い師も存在します」「本物の占法も存在します」ですが、それぞれ皆さんが思っている様な占いや占い師の概念ではないのです。

様々な間違っている概念、思想、原理、不純物的な思考なども相まって現在の占いや占い業界は非常に不必要に複雑になっており、「何が本物で何が本当なのか」分からなくなってしまっている状態で言ったもん勝ちになっている状態です。

本物の占いとは「人生を説き、生き方を説き、運を強める成長を成す為の努力、どの様な学びが必要かを説く」という事、一言で言えば「現実的問題を現実的に解決する、若しくはその手掛かりを示す事」という事です。

もう一度、古来の原初の形に占いを戻す事、つまり「占い業界の大きな洗濯をする事」を決心して活動を小さくともしております、又今後はその活動を多くの支援者や理解者、共感する人達を募り大きくして行きたいと思っています。 


占いの歴史

占いの歴史を説く事によって、どの様に占いが歪んで行ったかまた、課題や現代の占い業界の問題点を解説しています。

詳しくはこちらをクリック

其仙流の歴史

其仙流の歴史を解説しています、創始者が誰で、どの様に現代にまで受け継がれて来たか説明しています。

詳しくはこちらをクリック

様々な占法の誤り

現在の様々な占法(占いの方法)の殆どが「運勢を観る」という大事な事が出来ていません、その根拠を少し説いています。

詳しくはこちらをクリック


其仙流の活動

其仙流が日頃どの様な活動をしているか、業界を洗濯する為の活動を如何に目指しているかを解説しています。

詳しくはこちらをクリック

占い、占い師の役割

占いの社会的役割が如何にあるのか、又、占いの価値がどこにあるのか、ひいては占いとは何なのかを説明しています。

詳しくはこちらをクリック

運の働き

実際の占い師の活用法や運がどういった働きや動きをするのかを説明しています、実は皆さんが思っている以上に活用法があったりもします

詳しくはこちらをクリック


其仙流の切論

其仙流の主張や切論などを解説しています、現代の占い業界に言いたい事、又占いには何が大事なのかなどなど・・・

詳しくはこちらをクリック

其仙流の占い教室

其仙流では本物の指南者を育てる事によって今の占い業界を洗濯する一歩と言考えています、其仙流の精神に共感して頂けるなら是非、本物に成りたいなら是非・・・

詳しくはこちらをクリック

門下生の紹介

其仙流の門下生の紹介です、其仙流にはまだ僅かな指南者しかいませんが、皆さん真面目に指南業に取り組んでいる方達です。

詳しくはこちらをクリック


其仙流の占法

其仙流の占法(占方法)はどれも見た事も聞いた事も無いものばかりです、その中でも「無相」は大変、優れた占法です、その他にも「麻衣神相法」を使用します。

詳しくはこちらをクリック

其仙流の沿革

其仙流の現在の当代やその弟子の説明と言った所です。
現在でも時代に合わせ研究研鑽しております。

詳しくはこちらをクリック

お問い合わせ

お問い合わせのコーナーです、様々な質問を受け付けは致しますが、誹謗中傷は受け付けません、個々の配慮をお願い致します。

詳しくはこちらをクリック


【まとめ】

現代の占い業界は「本物か偽物か」で判断せずに「売れるか売れないか」「数字が取れるか取れないか」で判断する「マスコミ」の影響が多大にあります。

昭和の初めの頃までは「占い師は怪しい者」とされながらも真面目な指南者もいました、そういった真剣に取り組んでいる指南者には人々もある種の畏敬の念と言うものがありました。

それが今や非常に身近になった事は喜ばしい事ですが、その反面占いの敷居が低くなり過ぎてしまい「本物の基準が失われ」てしまいました「何が本当で何が本物なのか」が分からない中で「占い師の言ったもん勝ちでその内容が一般に受け入れられるなら市民権を得る」・・・という流れが生じています。

占いとは「真剣に生きる人の為の人生指南、運勢指南」です、占いは決してお遊びでは無いのです、巷にある様な相談から命懸けの相談、本気の相談など全てに於いて指南者は真剣に対応が出来ないといけません。

本来、占いのどこにもオカルト霊感、神秘思想、スピリチュアル、前世論などが入り込む余地はありません、ですが今やそれが無いと本物でない・・・という風潮があります、これは非常に嘆かわしい限りです。

このままではそう遠くない将来に「占いは良くて遊びの延長、悪くすると失われてしまう」可能性が大きいと感じています、既に占いは「緩やかな滅びの段階に入っている」と其仙流では見ています。

「人の人生を運勢を命を救い得る」又「得難い人生を送る指南」ができる稀有な運勢学が失われて行く事が非常に勿体無いと感じ、これに待ったをかけるべく当流の秘伝の一部を教室などで公開し本物を広めていく事に因って占い業界を正常化、清浄化をしようと決意しました。

上記の説明(占いの歴史や其仙流の歴史、其仙流の活動、運の働き、占いの役割、其仙流の切論)など非常に全てが長い文面となっていますが、この混沌とした占い業界を説明するのに簡単な方法が無いのです、端的に述べる事が出来れば良いのですが、事はそう単純でもなく複雑でもありどこが入り口でどこが出口なのかが分からない状況が漂っているのです。

皆様が思っている以上に占い業界は曲がり濁っているのです、もう一度占いの底力を示す、占いの威力と威厳を取り戻すべく真剣に活動をしようと決意しております。

これに共感して頂けるなら是非、ご支援をお願い致します。